読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノズル詰まり解消法

3Dプリンターのノズルが詰まってしまった時の解消法です

用意するのは太めのクリップ,ノズル径のドリル(ネットを見てるとピアノ線の人もいますね),ライターです.

f:id:yotta0xFF:20160809182700j:plain

・クリップを伸ばしてノズルに突っ込みます.

f:id:yotta0xFF:20160809182740j:plain

・そのままノズルとクリップをライターで熱します.
・適当に温まったらノズルを押さえてクリップをグリグリします.
・引っこ抜きます.

f:id:yotta0xFF:20160809182726j:plain

こんな風にクリップにフィラメントがついてきます.もしかするとクリップにギザギザが付いているのも絡めとる効果が有るのかも.
自分はペンチでギザギザを追加で付けてやってます.

あとは普通に熱したノズルの出口側からドリルを突っ込んで掃除完了です.

ノズル詰まりがなかなか解消しなくてどうなることかと思いましたが案外簡単に直せる感じなんで良かったです.

組み立て3Dプリンタ やったことまとめ

3Dプリンタ購入

手軽に何か作れるものがほしいと3Dプリンタを買ってしまいました.
買ったのは Geeetech Prusa i3 pro B です. ebayで送料込み 26000円でした.

現状,平たいものならそこそこ綺麗にできるんですが,ここに来るまでいろんなことを試した気がするので,忘れないうちに(殆ど忘れちゃったけど)記録しておきます.

組み立て編

ちゃんと組み立てて左右の高さも調整したはずなのにZ軸が動いてくれない

Z軸のスムースロッドと送りネジを上で支えるアクリルパーツの穴に自転車オイル注したらあっけなく動きました.
一応他の軸もオイル塗っておきました.本当はこのグリスを使ったほうがいいとか言うのあるんでしょうかね?機械畑じゃないんでわからないっす.

調整編

Z軸のエンドストップに接触させるネジの長さが足りない

このキットはなぜかネジが結構余ります.一番長いネジに変えましょう.自分は,ネジに通すバネの跳ね返りが強すぎたので適当なバネに変えました.

スカートがガタガタ波打つ

X,Y軸のベルトをもっと張ったら直りました.張り過ぎると キュイッ っていう音がするので程々にしてます.

ホットエンドがベッドに当たる

各所で紹介されているように,Z=0の時,ベッド端4点でヘッドとベッドの間にA4コピー用紙が入るかなくらいの隙間にしておきました.
たまに調整したはずなのにヘッドが当たる時がありますが,それはヘッド先端に固まったフィラメントが付いているからです.

Marin編

制御ボードはMarin 1.1.0 - RC6 使ってます.
大体の設定は Geeetech Wiki GT2560 にあるもので大丈夫でした.
一部自分でやったことを書いていきます.

ブザー,LCD有効化

ブザーとLCDの設定を変えました.表示を日本語にすることもできるようです. LCD and SD supportの部分.

プリンタ名変更

デフォルトではUltimakerと出るのでプリンタ名を変更しました.
#define CUSTOM_MACHINE_NAME "Prusa i3"

ホットエンド,ホットベッドの上限温度変更

Geeetechのサイトに記載されている最大温度に変更しました.
#define HEATER_0_MAXTEMP 240
#define BED_MAXTEMP 110

軸が反対方向に動く

#define INVERT_X_DIR false ここを適当に変えました.

印刷サイズが少し違う

大きさを測って #define DEFAULT_AXIS_STEPS_PER_UNIT {85.3333, 85.3333, 2560, 158.8308}の部分を修正しました.

トラブル編

ホットエンドが詰まった

造形中にホットエンドが詰まってしまって押しても引いても動きません.
結局ホットエンドを冷まして引っこ抜くと取れました.熱がホットエンドの上まで伝わって膨張したようです.
いつかホットエンド上部を冷却するファンを付けなければいけません.(暫定的に14cmファンで横から冷却するようにしました)

また,サラダ油を1滴ノズルに垂らすといいとどこかで見たのでサラダ油入れときました.

造形物がダレる

暫定的に14cmファンをつけると風が当たる面はましになったぽいです.
フィラメントが出たところで冷却するファンも実質的に必須のようです.

Z軸が脱調する

どうやら自分のプリンタではZ軸送り 4mm/s が限界のようです.左右の高さの調整が甘いのかもしれません.
モータドライバの調整で改善するかも.

ベッドから造形物が剥がれる

マスキングテープをベッドに貼ると良いと見たので,タミヤのマスキングテープを試してみました.
接着力(?)はとても良くまず剥がれません.ただし,完成品を剥がす時も剥がれません.
コネクタ抜きでなんとか剥がしてますが,スクレーパーみたいなの欲しいですね.

フィラメントがベッドに接触すると反り返る

PLAでもホットベッドを使うとうまくいきました.

番外編

エクストルーダからプツッという音がする

フィラメントが吸湿しているとこうなるようです.

リールの内側にフィラメントが入ってるフィラメントが回転するときに ガタンッといってあんまし良くない気がする

内側のフィラメントを切って,残りの部分をリール側面にテープで貼り付けました.

SMBに接続できない (サーバーの名前を間違えた)

Windowsの資格情報を使ってSMBサーバーに接続するプログラムがあるのですが,これに接続できませんでした.

原因はプログラム中ではIPアドレス \\xxx.xxx.xxx.xxx でアクセスしているのに対し,Windowsの資格情報には \\ServerName として資格情報が記録されていたためでした.
IPアドレスで資格情報を追加すると正常に動作しました.

名前とIPアドレスで別々に資格情報を記録するんですね

yahooメールでリアルタイムに受信できない

yahoo mail自体がIMAP IDLE 対応してないみたいです.
ThunderbirdIMAP IDLE対応ばっかり気にしてたので気づきませんでした.
調べた限りではGmailが対応してる模様.

今,ラズパイにメールクライアント入れておいて特定のメールが来たら処理をするということをやっているので,プッシュ通知は必須なんです.

SVP 3.1.7 導入メモ

間違えて今まで使っていたSVP 3.1.7をアンインストールしてしまって、再インストールする羽目に
(SVP4 Freeも試してみたけど設定が貧弱なようだったので

現在、公式ではSVP3.1.7のFULLインストーラーは配布されていないので以下の手順でやってみた

  • MPC-HC最新版をインストール
  • SVP_3.0.6.exeを実行し、3.0.6を導入(この時MPC-HCとMadVRは導入しない
  • SVP_3.1.7_Core.exeを実行(これでSVPが3.1.7になる)
  • MadVRをダウンロードし、SVPインストールフォルダに展開、管理者権限でinstall.batを実行
  • 外部フィルタ一覧にLAVFilterが無いようだったのでLAVFilterを別途インストール(必要なのかちょっとわからない)

(導入したのはすべて32bit)

あとは、いろいろなところで紹介されているように、出力設定でMadVRを指定し、外部フィルタを追加する
正直外部フィルタはどうしていいのかわからない

で、動作のほうだが、なんかそれっぽく動いてる
一応試したすべての動画ファイルでOSDが出て「60FPSにするよー」って言ってくれるのだが
ファイルによって30FPSの動画が、MPC-HCの統計情報では40FPSと言われたりなんかおかしい気もする

-追記-
やけにスタッフロールがちらついていたのでSVP3.1.7だけアンインストール→インストールしてMadVRのデフォルトセッティングに戻すbatを実行したらちらつかなくなった ような気がする

シフトレジスタボード、マイコンボード完成

8ビットパラレルイン シリアルアウト シフトレジスタを6つ使ったシフトレジスタボードとそれに連結するマイコンボードが完成しました
これで48本のスイッチ入力を受け付けることができます
ピンヘッダにラベルを貼り付けるとそれっぽく見えていいですね
ちなみにピンが斜めになっているのはストレートピンを曲げて使っているからですw

f:id:yotta0xFF:20160408001501j:plain f:id:yotta0xFF:20160408001449j:plain

マルツの交換対応

マルツオンラインで
【3073-K4P11C04T1B02C-EM】ロッカースイッチ(ON)-OFF-(ON)
を購入するもスイッチを倒してから5秒ほどしないとニュートラルポジションに戻ってこない不良品が届いた
この事をサイトから問い合わせると1時間しないうちにマルツから電話が来て今日中に交換品を送ってもらえることになった
「不良品の方は破棄していただいて...」ということなので返送の手間もなし
丁寧迅速な対応で非常にありがたい

心残りは、自分がこういうビジネスな会話が全くできないので返答がおかしかったこと